「アイテム」カテゴリーアーカイブ

超私的!ワームオブザイヤー2017

今年も残すところあと3日となりました。唐突ですが、私の個人的釣行で、2017年に活躍したルアーを一方的に表彰していきたいと思います。まあ、年末恒例のネタですね。

まず、ワーム部門から

IMG_0822
春、豊英湖本湖の地形変化をブレーバー5.7ネコリグで探っていると、かなりアタリが多かった。

尊敬するプロアングラー、川村光大郎さんが立ち上げたBOTTOMUP第一弾ワーム「ブレーバー5.7インチ」、かなり釣らせていただきました。

BOTTOMUP/ブレーバー5.7インチ

特に豊英湖。

今年は私にとっての春の訪れがかなり遅く、早春は実に8回連続でノーフィッシュを喰らいました。連敗記録をストップしたのが、このブレーバー5.7インチでした。

私は主にネコリグで使用。シンカーは1.3gから重くても1.8gくらいでした。

IMG_0641
早春の連敗記録をストップした救世主

5.7インチという関東だと少し大きく感じてしまうサイズ感ですが、デカいバスを釣って欲しいという川村さんのストレートな思いが多くのアングラーの心に響いた一本でした。

実際、豊英湖でも使っているアングラーは多かったです。

 

DAIWA/スキニーシャイナー2.5インチ

ダウンショットリグでよく釣れたのはスキニーシャイナー。今年10回ほど釣行した豊英湖はけっこうギルが多く(しかもデカい)、派手にテールが動くワームはテールが喰いちぎられてしまうことが多かったんですね。

そんなときに試してみたのが、このスキニーシャイナー。ピンテール形状になっており、これならギルに喰われづらいだろう、なんて思ったのがよく使うようになった発端だったんですが、アタリが多いし、よく釣れました。

IMG_1391
スキニーシャイナー2.5インチ。アングリングバス連載でもおなじみの茂手木祥吾さんの力作です。

カラーとしては黒系が実績高かったです。ほかには、スモーク系など。

IMG_1129
水中岬周辺やブレイクなどで放置気味にシェイク

 

デプス/バルビュータ3.5インチ

IMG_3576
カラーはフロリダブルー。今年の秋、房総リザーバーはどこも濁っていたから効いたようです。

すみません、正直、かなり苦手なワームでした。この見た目、いかにも「ルアー」って感じであまり生き物っぽくないじゃないですか。

どこか人を不安にさせる(?)フォルム。

例えるなら、ピロピロ〜と派手に動くアームは小うるさいチンピラ、だけど、一番大ボス的にヤバいのはセンターの名称不明のパーツ、みたいな。すみません、自分でいっててよくわからなくなりました。

10月下旬のドロ濁りの豊英湖釣行ですべてが変わりました。

この日は全くアタリがなく、フットボールジグのトレーラーとして使ってみたら、いとも簡単に釣れたんですね。バルビュータもフットボールジグもどちらも苦手だったわけですが、苦手×苦手で釣れたので印象が一気に変わってしまいました。

IMG_3156
10月下旬の豊英湖ではFINA/シューティングボールジグのトレーラーとして使用し、2本。

 

11月にレンタルボートが解禁となった三島湖でも、よく釣れました。

IMG_3571
三島湖では本湖のフラットでちょこちょこ動かしていたら釣れました。

デプス関係以外でもバルビュータを好んで使っているプロアングラーが多いことも、名作であることを裏付けていますね。

IMG_3790
終了残り20分で釣れた1本。ノーフィッシュを回避。

3つのワームがノミネートし、どれも甲乙はつけがたいのですが、いかにも「釣れそう」なブレーバーやスキニーシャイナーに対し、もともとかなり苦手意識が強かったところから一気に印象が変わって一軍入りした「インパクト」の面で、個人的に最も2017年を象徴するワームはバルビュータ3.5インチでした。(アングリングバス編集部 田沢)

チャビーバイブウエイトチューンby水野浩聡

冬本番を迎える12月下旬、デカいバスほど寒さをものともせず捕食をしているはずなので、志は忘れたくないですが、ないんですが…現実的にはルアーの選択肢がかなり限られてくる季節。野池のオカッパリなどで魚にさわりたければ、バイブレーション、メタルバイブなどが効果的になってくる時期です。

IMG_4100
TN、キーバーンなどが内部を彩る水野浩聡さんのボックス。

先日、ジャッカル×シマノプロスタッフの水野さんが年末ということで来社された際にうかがったのは、チャビーバイブレーション40のウエイトチューン。

ここにきて注目が集まるチャビーバイブ

実は秦拓馬さんもチャビーバイブには注目しており、今回のアングリングバスVol.21でも「チャビートリゴン」の作り方を披露していただいています。

IMG_4102
アングリングバスVol.21、水野さんには霞ヶ浦北浦水系に挑戦してもらいました!

そちらは誌面でご覧になっていただくとして、同じくチャビーバイブに注目しているという水野さんのオリジナルチューニングをご紹介したいと思います。

IMG_4097
チャビーバイブレーション40ウエイトチューニング

はい、ずばりこれです。ご覧いただけば一発でわかると思いますが、アゴに板オモリを何枚か貼っていますね。

水野さんの考えるチャビーバイブが釣れる理由はその「軽さ」。

「軽いから喰ってくる。重くしすぎたら意味がないんです」と水野さん。

チューニング済みのチャビーバイブをひとつ借りて編集部の精密計りで計測してみると、約6g。それではここでチャビーバイブレーション40のスペックを見てみましょう。

ジャッカル/チャビーバイブレーション40

  • 全長=40mm
  • 自重=4.8g

およそ1.2gのウエイトアップ。「0.3mmの板オモリを3枚貼っています」と水野さん。

 

リフト&フォールにキレを

意図としては「フォールスピードを少しだけ速める」ためのチューン。重くすることのメリットは多々ありますが、重くしすぎると、「軽さ」というチャビーバイブの武器を台無しにしてしまうのです。

「軽さ」を極力損なわずに、キレ味鋭いリフト&フォールを生み出す。いかにも冬に釣れそうなチューニングです。

 

ノーマルバイブよりもメタルバイブよりも弱い

チャビーバイブ同様にルアーのシルエットをおさえることができるメタルバイブ、そしてTNなどより重いノーマルのバイブレーション、これらとウエイトUPしたチャビーバイブの違いはルアーの強さ。

「(ノーマルの)バイブよりもメタルバイブよりも、チャビーは弱いんです」と水野さん。「弱い」はアピールが弱いととらえることもできますが、スレづらい利点もあります。

実はメタルバイブなどのフラッシング、バイブレーションの強い振動はしつこく通すことによってバスをスレさせてしまいます。特に冬は同じようなスポットでねばる展開になることが多く、スレさせないように注意しないと獲れる魚も獲れないのです。

最近では冬にメタルバイブを投げる人が多く、メタルバイブ自体を見飽きているバスも多い? もしそんな疑問にブチ当たったとき、試してみてください。アゴに板オモリを切って貼るだけなので、釣り場でも十分できますね。

 

スレさせない冬のローテに

そんな「スレさせない」冬のルアーローテーションのひとつに、ウエイトUPしたチャビーバイブが最適なんですね。

水野さんは主にPEラインを使用したスピニングタックルを使用しているとのこと。そちらの利点については年明け早々に行われるアングリングバスVol.22のロケでしっかりとお話をうかがいたいとおもいます。

IMG_4094
最新号Vol.21表紙の長良川バスについては、長良川をホームのひとつとする水野さんも「これはなかなか釣れないですよ」と驚きの様子でした。