「アマゴ」タグアーカイブ

【渓流釣り】おすすめの渓流5選

渓流解禁カウントダウン企画第3弾!いよいよ明日より全国的に渓流釣り解禁!!(一部地域を除く)今回は編集部員の独断で選んだおすすめの渓流5選です!(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

 

渓流アングラーにとって長い冬が終わり、明日から待望の渓流解禁です。

数ある渓流の中から過去実際に訪れた魅力的な川をセレクト。

川選びの参考にしていただければ幸いです。

 

酒匂川(神奈川県)

img_0665

私のホームリバーである酒匂川水系。

神奈川県西部を代表するアユの友釣り河川ですが、渓流釣り場としても高い人気と知名度を誇ります。

東名高速大井松田インターからすぐで都心からアクセスがいい反面、駐車スペースからはかなりの時間歩かなければならない川が多いです。個人的な印象としてはちゃんと釣れるのは徒歩1時間以上歩いた先の川…。

山歩きを苦としない方におすすめです。

img_0663
玄倉川の林道にあるトンネル。内部でS字にクランクしており、ヘッドライト必須。しかも、現在は土砂崩れで通行止め。

対象魚は主にヤマメとイワナ

img_1853-1

釣れるのは主にヤマメとイワナです。イワナは丹沢湖より上流の川が中心で、丹沢湖より下流で本流に合流する川は大半がヤマメです。

酒匂川水系は「元々イワナは棲息していなかった」とする説と「(いたとしても)関東大震災で絶滅した」とする説があります。

最近では漁協による放流もヤマメが中心という話ですが、各支流に根付いて大型化したイワナが釣れることもあります。

 

丹沢湖に流入する玄倉川、中川川、世附川

img_0670-1
尺に近いようなかなり大きいイワナのチェイスもあります。

おすすめなのはバスも釣れる丹沢湖に流入する3つの支流。

三角形に近い形状をした丹沢湖の東から流入するのが玄倉川(くろくらがわ)、北からが中川川(なかがわがわ)、西からが世附川(よづくがわ)です。

img_0668
通称「ユーシンブルー」と呼ばれる美しい玄倉川の流れ。
img_9701
2019年2月現在、林道の通行止めが続く玄倉川。

玄倉川は林道が土砂崩れで一部通行止めとなっており、上流で釣りをするには峠を越えてくるルートしかありません。

img_9674
峠越えのルートは片道2時間半超。しかもきつめの山道。

先日下見に行ってきたのですが、ほぼ「登山」。これはもっといい時期になってから再挑戦しようと思いました。

中川川は個人的にはやや人が多い印象。

img_7526
画期的な沢割ボード。

世附川は珍しい「沢割」のシステムがあり、希望の沢にマグネットを貼ってから川へ歩き出すシステム。ゲートから1〜2時間歩くことになりますが、廃村の痕跡があったり、秘境感を楽しめます。IMG_0284

漁協=酒匂川漁業協同組合

 

狩野川(静岡県)

img_3981
狩野川水系の泣き尺アマゴ

伊豆半島を代表する渓流が狩野川水系です。天城山脈から流れ出し、伊豆半島の中央を流れて沼津市街地で駿河湾に注ぐ大河川。アユ釣りも有名です。

img_3986

アマゴを中心に場所によってはニジマス、イワナ

釣れるのは朱点が美しいアマゴ。アマゴはヤマメの亜種ですが、ヤマメよりも大きくなりづらいようで、尺クラスが釣れることはあまりありません。

img_1962
標高が高くない場所はボサ川が多い。

img_3972

観光地でもあり、管理釣り場から逃げ出したニジマスが釣れる川もあります。

img_7800
野生化したニジマス。

 

伊豆半島を代表する大河川

支流が多く、有名河川だけあって釣りをする人も多いですが、それでも釣り場としてのキャパシティは十分。

大見川、持越川、長野川など大小の支流があり、仮に朝から先行者とバッティングしても移動すればほかの川が空いていることも多いです。

周辺は温泉も多いので、釣行後に入って帰るのもおすすめです。

漁協=狩野川漁業協同組合

 

犀川(長野県)

img_7736

信濃川水系の支流で松本市、安曇野市などを流れ、長野市で千曲川に流れ込むのが犀川です。

本流はビッグレインボー&ブラウン

大きなニジマスやブラウントラウトが釣れることで有名な川です。本流のビッグトラウトハンティングが楽しめるのが人気の理由。

img_7771

本流の釣りは未体験なので魚の写真はありません(笑)。

支流でのイワナ釣りも

本流の釣りのイメージがありますが、支流の上流にもしっかり渓流魚が棲息しています。

32515008_unknown

昨年秋、ワカサギ釣りの取材ついでに訪れた際は中房川でまずまずのイワナが数本釣れました。

img_7737

img_7746

img_7763
犀川は解禁が早く、2月16日解禁。

長野県や岐阜県の川は解禁が早いのも特徴で、犀川漁協管内では2月16日解禁。今回ご紹介する川の中では唯一すでに解禁しています。

漁協=犀川漁業協同組合 ※エリアによって管理する漁協が異なります。

 

魚野川(新潟県)

img_4348

スキー場で有名な湯沢町周辺を流れるのが魚野川水系。

群馬県との県境に近いため、関越道を使えば首都圏からも意外と短時間で訪れることができます。渋滞などがなければ3時間ほどで着きます。

img_4335

きれいなイワナとヤマメが釣れる

img_2448

特筆すべきは釣れる渓流魚の美しさ。深い山々からの流れは冷たく、釣れるイワナやヤマメはとてもきれいです。

img_4339

源流部まで行かなくても気軽にエントリーできる川でいいサイズのイワナやヤマメが釣れます。ただし、新潟はクマも多いのでクマ鈴など対策は万全に。

img_4351

漁協=魚沼漁業協同組合

 

奥多摩川(東京都)

img_0706

下流部では東京都と神奈川県の境界を流れる多摩川の上流でもヤマメやイワナ、ニジマスなどが釣れます。

img_0705

都心から最も近い渓流

特徴は「東京都内」であること。このひとことに尽きるのではないでしょうか。もちろんそれなりの時間がかかりますが、JR青梅線を利用して電車で訪れることもできます。車を持っていなかった頃は終点の奥多摩駅で下車し、日原川を釣ったりした思い出があります。

周辺にはキャンプ場や管理釣り場も多く、川を釣り上がって行くと川遊びをする人たちに遭遇したりと、人は多いものの、しっかりと放流がされているためか魚影は濃い川が多い印象です。

img_0708

管理釣り場が多いため、ニジマスもよく釣れます。

週末に合わせているのか、奥多摩川は3月2日(土)より解禁です。

漁協=奥多摩漁業協同組合

 

突発的に開始した渓流解禁カウントダウン企画も今回で終了!

いよいよ明日、3月1日(金)より全国的に渓流解禁です!

 

※管理する漁協によって解禁期間や遊漁規則、釣法は異なります。釣行前に最新の情報をチェックしてください。

 

COSMICMOOK『渓流釣りのすべて』好評発売中!

2019MOOK渓流_H1-H4_0204みほん

新潟県五十嵐川水系、岐阜県飛騨川水系、静岡県狩野川水系、白田川水系、栃木県湯川、神奈川県酒匂川水系など、釣れる渓流の情報も!

Amazon楽天ブックスなどでも発売中です。

エサ釣りとルアーフィッシングのことがわかる付録DVD付き!

FIS-078

2月21日(木)よりアングリングバスVol.28発売中!

Bass28_Hyosi_ReFin

広告

【渓流釣り】ヤマメ、アマゴ、イワナ…個性あふれる渓流魚の魅力

大自然の中で楽しむ渓流釣り。憧れの対象魚4選です!(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

 

いよいよ3月1日に迫った全国的な渓流釣り解禁。長野県や岐阜県などすでに一部では解禁を迎えていますが、全国的には3月解禁が大半です。

突発的に開始した「渓流解禁カウントダウン企画」。第1弾は魅力的な渓流魚をご紹介します。

 

イワナ:標高が高く水温が低い川に棲息する

img_0670
西丹沢玄倉川のイワナ。

低水温を好む

適水温が低く、標高の高い場所に棲息するのがイワナです。

そのため「幻の魚」だとか「深山幽谷に棲む」などといわれますが、一方で東北地方などでは水温さえ適水温であれば海の近くでも釣れたりします。

 

食性は貪欲

食性は貪欲でなんでも食べます。というか、イワナが棲む源流はエサが少ないため、なんでも食べないと生きていくことができないようです。

小魚や昆虫はもちろん、「ヘビを丸呑みしていた」という逸話やダム湖などではフナを食べていたという話も。

あるダム下の川では「イワナのブルーギルパターン」があるとか…。

img_5049
なんでも食べる性質でルアーへの反応はほかの渓流魚同様良好。

 

地面を這うことができる形状

断面が円に近い形状をしており、ヘビのように地面を這うことができるのがイワナの特徴です。

釣った際も写真撮影時に注意していないと逃げられてしまったりします。

大雨の日などに地面を這って近くの沢へ移動したりすることもあるとか…。

img_2448
イワナの尾ビレ。

 

各地に様々なイワナの仲間が棲息

日本で主に釣ることができるのはニッコウイワナです。白と橙色の斑点が混じるのが特徴。

img_4339
橙色の点がハッキリでたニッコウイワナ。

北海道から東北にはエゾイワナが棲息しており、海へ降るとアメマスと呼ばれます。ほかにも北海道にしかいないオショロコマ、中部地方の深い山に棲むヤマトイワナ、紀伊半島にはキリクチ、中国〜山陰にはゴギなど、日本各地にイワナの仲間が棲息しています。

それぞれ亜種関係にあるとされていますが、紀伊半島のキリクチはヤマトイワナの「地域個体群」であり、ヤマトイワナの一種。紀伊半島のイワナは世界的にみても最南限のイワナです。

img_1739-1
地域によって差が出るのはお腹の色。オレンジ色だったり、赤かったり、白かったり…様々です。

 

ヤマメ:北海道から九州まで幅広く棲息

img_1853

里川でも釣れる

同じ渓流魚ですが、イワナよりも少し高い水温に対応できるのがヤマメです。

渓流での釣りはもちろん、川幅が広い本流でも釣りの対象魚となります。

 

パーマークが特徴

サケ科の魚の稚魚はパーマークがあります。Parr Markは日本語に直訳すると「幼魚斑」であり、実はニジマスやサケも小さいときはパーマークがあります。

大きくなると消える魚が多いのですが、ヤマメやアマゴは消えないのが特徴です。

 

降海型は「サクラマス」

海へと降海し、川へ戻ってきたヤマメをサクラマスと呼びます。なかなか釣れない憧れのターゲットであり、個人的には釣ったことがありませんが、パーマークが消えて海へ降る準備を始めた状態のヤマメが渓流で釣れることもあります。

img_1941

 

台湾にもヤマメの仲間?

ちなみに、余談ですがヤマメの仲間は台湾にも棲息しています。台湾は沖縄よりも南ですが、実は富士山よりも高い山があり、ある川のわずか数kmの区間で細々と暮らしているんだとか。台湾取材のときに教えてもらったのですが、現在は絶滅に瀕しており、保護されているため釣ると逮捕&罰金だそうです…。

 

アマゴ:朱点がトレードマーク

img_1961

橙色にも朱色にも見える朱点

アマゴの特徴は朱点です。逆にいうと、ヤマメとの差は朱点以外にはあまりない、とも言えます。食性など性質は少し違うとする人もいますが、それは生息地の違いからくるものであり、見た目以外ほとんど変わらないと考える人もいるようです。

そのため、かつては漁協がヤマメの川にアマゴを放流したり、その逆もあったりしたそうです。

 

中部地方から近畿、四国など太平洋側に棲息

ヤマメとアマゴの分布はとても不思議です。静岡県より西の太平洋側はアマゴのエリアですが、九州は主にヤマメ。しかし、大分など瀬戸内海に面する川ではアマゴだったりと分布は謎が多いです。

 

伊豆半島には魅力的なアマゴの川がたくさん

img_7898

有名なのは狩野川や河津川などですが、それ以外にも大小のアマゴの川があります。

なかには漁協がすでに解散してしまった川もあり、魚影の濃さは様々ですが、情報が少ないだけあって、自分で開拓する楽しさがあります。

 

ニジマス:強烈なダッシュのワイルドレインボー

img_7800

釣魚として広く親しまれる北米原産の外来魚

観光釣り堀などで釣れる魚の定番がニジマス。塩焼きにして食べたことがあるという人も多いはずです。

エリアトラウトでも管理釣り場に放流されている魚はニジマスが中心。北米から移入された外来魚ではありますが、釣魚としてポピュラーな存在で、外来魚であることを知らない方もいるぐらいです。

 

野生化したニジマスは強烈な引きが魅力

img_7803

自然の渓流では漁協によって放流されても貪欲な食性のためすぐに釣りきられてしまうことが多いニジマスですが、野生化すると一気に風格を増します。

頬は真っ赤に染まり、体高のある身体から繰り出すダッシュ、そしてジャンプ。強烈な引きを楽しませてくれます。

img_0698

長野県や北海道など、川によっては60〜70cmくらいの大型が釣れることもあり、夢のあるターゲットです。

 

各魚種ごとのルアーの使い分けなどについては現在発売中のCOSMICMOOK『渓流釣りのすべて』で詳しく解説しています。そちらもぜひご覧になってください。

全国的な渓流釣り解禁まであと3日です!(※一部地域を除く)

 

COSMICMOOK『渓流釣りのすべて』好評発売中

2019MOOK渓流_H1-H4_0204みほん

付録DVDは渓流をルアー&エサでW攻略

FIS-078

アングリングバス最新号も発売中!

Bass28_Hyosi_ReFin

付録DVDはマーモの紀の川沈み虫!

AnB-027_DVDケース