「インプレ」タグアーカイブ

【インプレ】レジットデザイン ワイルドサイドマルチピース WSS63L-5

今年発売されたワイルドサイドのマルチピース(5ピース)。5ピースって実際どうなの? と思っている方のためのインプレです。(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

 

釣行回数は少ないものの、ワイルドサイドWSS63L-5を数回使用してみたインプレです。

全体的な印象としてマルチピースのデメリットはほとんど感じていないのが率直な感想です。

強いていえばですが、同じくワイルドサイドマルチピースのWSC611MH-5といっしょにロングケース620マルチ(メイホー)に収納し、携行しているわけですが、セッティングする際に組み合わせがパッとわからないことぐらい。

いくらベイトとスピニングとはいえ、瞬時にはわからないものですね。

これもずぼらな人間だからこそで、ケース内部でもロッドベルトなどで束ねておけば起こらない話。

さて、細かい感想へとうつりたいと思います。

 

 

SPEC:レジットデザイン ワイルドサイドマルチピースWSS63L-5

  • 全長=6フィート3インチ
  • 標準自重=100g
  • アクション=MF
  • グリップ長=220mm
  • 継数=5
  • 適合ルアー重量=0.9〜7g
  • 適合ライン=3〜6ポンド
  • 素材=カーボン85%、アラミド10%、グラス5%
  • 価格=31,000円

フィネスゲーム全般を受け持つ、バーサタイルなライトアクション。ノーシンカー、ダウンショット、ネコリグなどのライトリグ全般をそつなくこなす、クセのないスムースなアクションは、シャッドなどの軽量ハードベイトへの適性も併せ持っています。6‘3“を5ピース化することで、スーツケースは言うまでもなく、ビジネスバッグや小型バックパックにも収まる収納性、携帯性を持っています。あらゆるフィールドにおいて、ライトリグ、フィネスフィッシングの準備をしておくことで、結果として豊かな釣行となる可能性が高いのが日本のバスフィッシング。どこへ行くにも必携のロッドです。

レジットデザインWEBサイトより引用。

 

キャスト時の振り抜けが抜群にいい

まず、これはかなり意外だったのですが、キャストしたときの振り抜けがいい。

ルアーを問わず、きれいな軌道でキャストすることが出来ます。

5ピースということは当然継ぎ目が4カ所あるわけですが、そのことを感じさせないバランスのよさ。

img_8518

それもそのはず、継ぎ目が4カ所とはいっても、1カ所はグリップとブランクスの継ぎ目なわけです。ブランクスにある継ぎ目、つまりアクションや曲がりに影響するのは3カ所なのです。

 

ルアーを正確にアクション

これは釣りの技量の問題であまり細かく語れませんが(苦笑)、バランスがよければアクションをつける際も正確に行うことができるはずです。

たぶん(笑)。

マルチピースは継ぎ目が多くなる分、どうしても重くなってしまうはず。

ですが、使用感としては意外なほど重さは感じませんでした。

 

バスを寄せるパワーも十分

WSS63L-5では幸運にも数本のバスをキャッチしていますが、バスを掛けて寄せるパワーも十分です。

もちろんスピニングでもパワーフィネスなど特殊な釣りは守備範囲外だと思います。それはWSS610ML-5の領域になってくるでしょうね。

 

ライトリグから小型プラグに対応

これまでジグヘッドリグ、ネコリグ、シャッド、ダウンショットなどに使用してきました。

スピニングタックルで使うあらゆるルアーに十分対応できるといった印象ですね。

img_7600

 

高滝湖ではヴィローラの中層スイミング

ミドストもどきで夏の高滝湖、昼休憩中に釣ってしまったときもWSS63L-5。

img_7085

限りなく自称に近い”ミドスト”ですが、しっかりフッキングしていました。掛からないショートバイトが2回連続し、ギル? と思いつつ、ややはげしめにアクションをつけたところ(ミドスト…?)しっかり喰ってきました。

img_7084

くちびるの端で、バイトは浅そうですが、しっかりフッキング。ルアー、ジグヘッド、そしてなによりロッドの相性がバッチリだった証拠だと思います。

ライトラインを使用する釣りでは、歯で切られる恐れがあるため口の奥に掛かってほしくないところですが、理想的な掛かりともいえます。

 

横利根川ではトルキーストレートのネコリグ

夕方にバイトが集中した11月の横利根川。

トルキーストレート4.8インチのネコリグで16時過ぎに獲った貴重な1本。このときもロッドはWSS63L-5でした。

img_8507

ちなみに、使用していたフックはガード付きマス針。

ジグヘッド、ガード付きマス針ときたら、オフセットフックでのフッキングも気になりますね。

 

きびしい冬のディープにも投入予定

img_4389-1

これは今後検証していきたい要素なのですが、ずばり冬のディープの釣りです。

個人的な話ですが、冬の魚探で地形を見ながらの釣りが妙に楽しくなってきており、昨冬は三島湖、豊英湖、奈良県の津風呂湖などで意外と釣っています。

操作感に乏しいディープで、ライトリグをアクションさせ、アタリをとることができるのか。

何回釣行できるかわかりませんが、現実的にはディープに集中する時間も多くなるはず。

真面目に検証してみたいと思います。

 

アングリングバスVol.27は12月21日(金)発売です!

広告

【インプレ】DAIWAブレイゾン661MHB自腹インプレ

これで1万円!? 6ft6in、MHクラスで自重110gという軽さとDAIWAテクノロジーを武器に低価格帯バスロッドの世界を席巻するブレイゾンを編集部員が自腹インプレ!(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

ステラ、イグジスト、レボMGXtreme、バンタムMGLなどなど、新アイテムが豊作な2018年ですが、日々の生活費に加え、今年は小型船舶と自動車の免許証の更新、家の更新、車の車検と、めちゃくちゃ金のかかるイヤーでもあり、高額タックルの新調はできない一年でもあります。

それでも新製品は気になる。気にしないようにしていても、仕事が仕事なので嫌でも情報は入ってきてしまいます。

ちょうどカバー撃ち用のMHクラスのロッドがかなり古く、重たいのが気になっていたのもあって、ブレイゾンを買ってみました。

もともと使っていたのはダイコーのアグレシオン。

リールは新しい方がいいけど、ロッドは必ずしもそうではないというのが持論で、このロッドも中古でたしか3〜4千円で購入したものでしたが、けっこう気に入って使っていました。

ただどうしても重さが気になるんですね。特に最近タフな状況で切り札にしているフットボールジグをアクションさせているとき。とにかく手首が疲れます。ロッド自体が重いのもそうですが、ジグにアクションをしっかり伝えるためにどうしても力んでしまうんですね。

img_6876-1
スペックをチェックし、661MHBを選択。

 

驚きの軽さ!661MHBで自重110g!?

まず、スペックです。えーっと、もっと高いロッドよりも軽いんですけど…これって、いいんですかね?(笑)

【スペック】ブレイゾン661MHB

  • 全長=1.98m
  • 自重=110g
  • 適合ルアー重量=7〜21g(1/4〜3/4oz)
  • 適合ライン=8〜20lb
  • 定価=14,300円

最近はボートフィッシングがメインなので、MHクラスで最も短く軽い661MHBを選択しました。

スペック面でみると、MHだけで6101MHB、721MHBと3つも選択肢があるのも心強いですよね。使用するルアーやオカッパリorボートなど釣り方に合わせた選択が可能です。

 

ダイワの最新技術を搭載

高密度HVFカーボン、ブレーディングXなどを搭載し、性能は折り紙付き。110gと自重は軽いですが、軽さによる不安感は一切なし。

バスを掛けて焦ってトップガイドにジグを巻き込みかけたり、かなりダメな扱いもしてしまいましたが、今のところノーダメージです。

 

軽さがもたらす良好な使用感

img_7005
津久井湖のフラットでフットボールジグで釣った37cm。

扱いやすさが段違いです。キャストする際も軽く振り抜くことができますし、アクション面でもより軽い力でジグを動かすことができます。

軽いことで変な力みがなくなるので、繊細に動かすことも可能です。

一面に淡水赤潮が発生した、一見絶望的な津久井湖の4〜5mフラット。比較的水質のいい場所を狙い撃ちした形で真夏の1本をキャッチできたのもブレイゾン661MHBでした。

img_6893-2
雨の津久井湖でも47cmをキャッチ。こちらもフットボールジグ。

フットボールジグは1/4〜3/8oz程度ならかなり快適に扱うことが出来ました。

あわせたリールはDAIWA/タトゥーラSV TW 8.1L、ラインはフロロカーボン12lbでした。

 

ダイレクトな操作感

感度が高いのも魅力です。真夏の切り札として練習中のメタルバイブの釣り(夏メタル)でもこの通り。

img_7166
夏メタルで津久井湖でキャッチした1本。メタルバイブはO.S.P/オーバーライド1/8oz(カラー:黒金オレンジベリー)。

実際に釣ったのは4〜5mでしたが、もっと深いレンジでもしっかりと“ブルブル”が手元に伝わるので、集中力を途切れさせず、またちょっとした違和感を感じ取ってすぐにアワセの動作に移ることが出来ました。

メタルバイブはラインをひろって、いわゆる“エビ”になってしまうことも多いので、しっかりアクションしているかどうかがわかることは重要です。

 

DAIWAプロスタッフ佐々木勝也さんのおすすめコメント

ジャパンフィッシングショー会場での佐々木さんによるおすすめコメントもYouTubeにて公開中です。

注目度が高く、視聴回数は1万回を超えています。

 

すでに釣行3回で使用し、3回ともバスをキャッチしている非常に相性のいいタックルでもあります。店頭価格で1万円前後と、かなりリーズナブルで性能も間違いなし。おすすめの1本です。

 

RAIDJAPAN金森隆志さんが表紙のアングリングバスVol.24発売中

Bass24_Hyosi_Fin

第二特集はカバーゲーム

p083_2toku_tobira

付録DVDはissei赤松健さん

AnB-024_DVDƒP[ƒX

【インプレ】ミドストが上手くなった気がする!? DSTYLEヴィローラ

ワカサギレイクの必修科目といってもいいテクニックですが、苦手な人も多いのがミドスト。ヴィローラで苦手なミドストを克服したような気がしたお話です。(報告○アングリングバス編集部 田沢)

img_7064
ミドストに使用したのは、ロッド:レジットデザイン/ワイルドサイドWSS63L-5、リール:シマノ/レアニウムCI4+C2000HGS、ライン:フロロカーボン4lb、ジグヘッド:リューギ/ヴェスパ3/64oz(#2)

 

中層の釣りを苦手とする私のようなアングラーにとって、鬼門中の鬼門なのがミドストではないでしょうか。今年の早春、三島湖で「ジグヘッドリグ」でいいバスを釣った際、twitterなどにあげると「ミドストですか?」とよく聞かれたんですが…すみません、ミドストなんて出来ません! って感じでした。

そのときジグヘッドリグでやっていたのは、岩盤にフォールさせて枝を回避しながら探るだけの釣り。

私のバス釣りは表層から水面下数10cmを通すかボトム、岩盤、カバーを叩くものが大半で、中層ってどこ? バスいるの? って感じなんです。もちろん、中層のベイトにつくバス、がいるわけなんですけど。

 

ミドストの難点

中層って時点で上級者向けテクニックのような気がしますが(そうだと思いたい)、ここでミドストの定義を見てみましょう。

 

“ミドスト:ミッドストローリングの略”

 

ごめんなさい、この時点でもう意味不明じゃないですか。全部カタカナだし(バス釣りは大体そうですが…)。

細かく分解していくと、ようはジグヘッドリグを中層(ミッド)でローリングさせる、ということなんですがね…

 

できねえよ、そんなこと。

 

 

なにをやっているのかわからない

「中層」という個人的に超苦手なキーワードに加え、ローリングという横文字。何年この仕事をしていても、横文字は苦手です。

プロアングラーの解説を聞いて、見よう見まねでティップを動かしながらやってみたことがありました。ジグヘッドも軽いものを使うのでちゃんと引き感もイマイチないし、中層をやっているつもりでもけっこう表層を引いてしまったり、いちいちこの釣りとの相性の悪さを感じたものです。

これがダウンショットリグなどであれば、水深10m近いボトムでも“ボトムに接地していること”を手がかりにとりあえず見よう見まねでやれちゃうんですが…。

 

ちゃんとできているのかわからない

もうひとつ苦手な理由は、非常に単純で、出来ているかどうかわかりにくいんですね。水中でロールさせるためにシェイクするわけですが、これも激しくしてしまうとまったく別のアクションになってしまいます。

このヴィローラの解説文にも“食わせのロールを生み出すボディーバランス。ジグヘッドの中層スイミング時に理想のロールアクションを実現”とありますが、使ってみるまで、正確にはクリアな場所で動かしてみるまでは半信半疑でした。

 

コツがわからない

「こればかりは、慣れですね。慣れるしかないです」ミドストのコツについて聞いてみた際の、某プロアングラーの弁。ミドストを習得するのには近道もないんです。

絶望的じゃないですか。

やっぱり諦めて表層とボトムの人でいよう。そう思っていた私の前に現れたのがヴィローラだったわけです。

 

ヴィローラはむしろミドスト初心者向け

先日、たまたま高滝湖ロケの際に釣りをする時間が出来ました。アイスを買うついでにコンビニで遊漁券を購入。

img_7068
高滝湖の遊漁券は近くのコンビニでも購入可能。ハンコがないように見えますが、なぜか裏面に押されていました。

 

目視しながらまず練習

高滝湖では流入河川の上流部だと、実際に動きを見ながら練習できるんですね。ここ最近通っていた津久井湖でもヴィローラはかなり試していたんですが、全域で発生中の淡水赤潮のおかげで水中を見ようという発想になりづらく、そこが盲点でした。それでミドストもどきをやってみると、あれ、けっこうちゃんとロールしている?

中層のテクニックなので、これまでは中層で練習していましたが、とりあえず見えるくらいのレンジでやってみればよかったわけですよね。

 

実際に1本キャッチ!

数投しているうちに目には見えない中層でもロールさせるイメージが出来てきました。

何投かしてでなかったら昼寝でもしよう。

そんな軽い気持ちで流れのヨレの中を通してみると、1投目からアタリ。しかし、フッキングは出来ません。小さいのかな? と、再びキャストすると、またアタリ。3投目もアタリ。4投げ目は気持ちレンジを下げてやってみると、ようやくフッキング!

img_7061
痩せていましたが、いいサイズのバスでした。

水中でぎらりと輝く細長い魚体。午後の睡魔を吹き飛ばしてくれました。ハンドランディングすると、なかなかずしりと重たい、いいバスです。

 

カギはラインスラック

ラインスラックを出すことを意識しつつロッドを動かすのがコツだと思いました。

ロッドを「上下させる」というよりは、スラックを維持するためにティップ〜ベリーを動かし、それにリーリングを連動させるくらいの方がロールさせやすいようです。

img_7083

ハザーと取材中だったのですが、まさかのハザーより先に釣ってしまいました。※その後、ハザーもキロアップを複数キャッチしていました、念のため。

 

姿勢を安定させやすい中空ボディ

この場で強調したいのはミドストのテクニックそのものよりも、ヴィローラのミドストのしやすさ。

結局、まずは練習ありきなのは変わりないのですが、ヴィローラでやれば習得は早いような気すらします。

 

ミドストタックル

ロッド:レジットデザイン/ワイルドサイドWSS63L-5

リール:シマノ/レアニウムCI4+C2000HGS

ライン:フロロカーボン4lb

ジグヘッド:リューギ/ヴェスパ3/64oz(#2)

こちらも現在インプレ中のマルチピースのワイルドサイド。WSS63L-5はライトリグはもちろんシャッドなどのハードルアーまで幅広くこなすバーサタイルスピニング。

ワイルドサイドにはこだわりの“ミドストスペシャル”(WSS64UL)もありますが、このWSS63L-5でも4カ所もの継ぎ目の存在を感じさせないしなやかな操作感。周辺のカバーをかわしつつ40アップのバスをしっかりキャッチするパワーも備えています。

 

アングリングバスVol.24発売中です!

Bass24_Hyosi_Fin