「ゲーリーヤマモト」タグアーカイブ

冬の房総必携ワーム、レッグワームが釣れる理由

冬の房総必携ルアー、レッグワーム(ブラック)が釣れる理由はバイトの明確さ!? 水温10℃の豊英湖で考えたレッグワームが釣れる秘密について!(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

 

明けましておめでとうございます! 2019年もよろしくお願いします。

さて、去る2018年の釣り納めは豊英湖へ行ってきました。

魚探の電源が入らず、不完全燃焼だった前回の豊英湖釣行のリベンジマッチというわけです。

結果からいうと、2018年の初釣り(奈良県津風呂湖)2017年の釣り納め(千葉県豊英湖)など、過去何度も低水温期にボウズを回避してきたレッグワームのダウンショットに今回も助けられました。

 

2018年12月29日、水温は10℃前後

img_9065

まず水温ですが、まだ10℃前後ありました。つまり完全な厳寒期ではないですね。

私の魚探はほかの人の魚探より0.5℃くらい高めに水温が出ることがあるみたいなのですが、その点を加味してもまあ10℃くらいですね。房総は比較的温暖で、山も高くないので水温が下がるのが遅いです。これが高い山からの冷たい水が流入する相模湖や津久井湖だともう確実にひとケタ台だと思います。年末の段階では房総は意外とまだ水温が高かったです。

それにしても魚探の電源が入るって素晴らしいですね。たいした魚探じゃないですが、それでもあるのとないのとでは雲泥の差です。

※魚探の修理については別途まとめたいと思います。

 

2018年は個人的にいまいちだった豊英湖

img_9064
薄暗いうちから準備開始!
img_9063
朝の気温、マイナス2℃…

2018年の豊英は春にいい釣りを出来た以降、ガソリンが高いのが気になって津久井湖ばかりに行っていて釣行回数が少なかったのもありますが、真夏のハイシーズンにデコるなど正直微妙でした。それでも豊英湖は個人的に年末の実績が高いのも事実。

「本湖野郎」になりきって、タコねばりです。

img_9090

 

バイトは朝に集中

メインはディープのダウンショットです。ルアーは当然、ブラックのレッグワーム2.5in。小森さんの冬の房総イチオシのカラーですね。

ディープがメインなら時間帯はあまり関係ないのでは? と思いがちですが、これが意外と関係あるんです。2017年の年末は午前中のそれも早い時間帯にバイトが集中し、それ以降はどんなに丁寧にやってもバイトがなかったんです。

この日も、意外と早い段階でバイトがありました。

 

8時過ぎに1本目、30cmクラス

img_9067

この日はワイルドサイドWSS63L-5を使用。そう、マルチピースロッドです。

ティップに伝わる明確なバイトにフッキング。

img_9075

サイズとしては30cmちょっとながら、冬に狙い通りの釣りで釣れるとやっぱりうれしいですね。WSS63L-5もマルチピースであることを感じさせない使用感。感度も操作性も申し分なしです。正直、ディープの釣りに使えるのか? は未知数でしたが、しっかり使えることがわかりました。

 

DASオフセットでカツンと上アゴフッキング

今回使用していたのはハヤブサのDASオフセット#4。

img_9077

いい場所に掛かっています。オフセットフックとしては特徴的な形状をしていますが、細身のワームであればほぼ使えると思います。WSS63L-5、フロロ4lbとのバランスもよかったようです。

 

2本目、3本目はサイズダウン

img_9083
2本目。水深は推定5m前後の場所。
img_9086
3本目。こちらは推定9m前後の水深。

2本目は8時40分くらいにヒット。この8時台はバイトが集中し、ほかにもスキニースイマーでバイトがありました。

季節、釣り方問わず、朝の時間は大切ですね。

3本目は正午過ぎ。ほかの場所のカバーや馬の背などを見て異常がなく、再度本湖のフラットに戻ってきたときのバイトでした。

この日バスをキャッチしたルアーはすべてレッグワーム2.5inのダウンショットリグ。カラーもすべてブラック。房総+レッグワーム+ブラック=バスという方程式は完全に成り立っていますね(笑)。

 

レッグワームはバイトが明確に出る?

レッグワームレッグワームと連呼してしまいましたが、「レッグワーム以外も使えば釣れるんじゃない?」という疑問も浮上します。

もちろん釣れると思いますが、今回釣ってみて感じたのはレッグワームのバイトの明確さ。

ほかにもスキニースイマー2.5inもダウンショットで使ってみました。バイトはちゃんとありましたが、フッキングのタイミングがうまくつかめず、スッポ抜け。本誌連載でもおなじみの茂手木祥吾さんらトッププロが手がけたワーム。釣れないわけはない。キャッチできないのは、ようは使っている人のミスなんです。

レッグワームがよく釣れる理由。バイトがハッキリ出るから、釣りが上手い下手問わず(下手な人でも)釣れちゃうのでは? というのが今回感じた結論です。

img_9155
というわけで、キャスティングさんの初売りで補充!(笑)

 

アングリングバス最新号好評発売中です!

Bass27_Hyosi_FinA02

伊藤巧さんの付録DVDもついてます!

AnB-027_DVDƒP[ƒX001

広告

アングリングバスVol.26企画連動動画

現在発売中のアングリングバスVol.26では黒田健史プロ、早野剛史プロ、佐々一真プロら第一線で活躍するJBトップ50トーナメンターによる新連載がスタート! 第1回は今年AOYを獲得しエリート5を制した早野プロの北浦水系オカッパリ! そのほかにも河辺さん、赤松健さん、横川隼大さんらの連動動画を公開中!(まとめ○アングリングバス編集部)

 

現在好評発売中のアングリングバス最新号のYouTube連動動画をご紹介します。

 

【新企画】リミットメイク駅伝〜プロローグ〜


黒田健史、早野剛史、佐々一真…3人のJBトップ50トーナメンターによる新連載が現在発売中のアングリングバスVol.26でスタート! 3人のプロがリレー形式でお題をクリアしていく内容。第一走者は2018年のJBトップ50AOYに輝いた早野剛史! ホームである北浦水系のオカッパリに挑戦します。…その前にJBトップ50檜原湖戦で撮影した“プロローグ”を公開します。

 

【早野剛史】JBトップ50AOYの北浦水系オカッパリ


2018年10月、JBトップ50最終戦(霞ヶ浦)でついにAOYを獲得した早野剛史プロのオカッパリ。アングリングバスVol.26からスタートした新連載「リミットメイク駅伝」の初回、前編の映像をお届けします。

 

【早野剛史】タフコンディションでも喰わせるプロのワザ


1DAYロケで5kgを上回る目標ウエイトが設定されている「リミットメイク駅伝」。今回の挑戦当日は台風が通過したかなり難しいタイミング。エリアやルアー選択、ホームといえども難しい展開。そんなときに取り出したのはシザーコームのダウンショットリグだった。プロのワザをご覧あれ!

 

【横川隼大】見えバスに効果抜群!ムシィィィン


巻きモノをテーマに霞ヶ浦水系へ向かった横川隼大さんでしたが、偶然通りかかった水路でデカバスを発見! すかさずキャストしたのはやっぱりあのムシルアーでした。ムシルアーというと、ハイシーズンのイメージがありますが虫がいるうちはまだまだチャンスあり。

 

【横川隼大】サーチと喰わせを両立! フローシャッドで連発!


広大な霞ヶ浦で秋バスを追った今回。キーとなったルアーはやはりシャッドでした。護岸の沖の沈みモノなどを丁寧に攻めると、バイトが連発。

 

【赤松健】オールシーズン釣れる!G.C.ザリメタル


メタルバイブは厳寒期の切り札として知られるルアーの一種。しかし、isseiプロスタッフの赤松健さんは冬に限らず、夏でも春でも釣果をあげてきた。「ザリメタルを夏でも売れるメタルバイブにしたい」と語る赤松さんの秋のザリメタル使用法を動画で公開!

 

【河辺裕和】ゲーリー・カレッジin霞ヶ浦水系


北利根川などで行われた人気連載「ゲーリー・カレッジ」公開ロケの模様です。

 

再生リスト:アングリングバスVol.26

 

付録DVDは水野浩聡さんの高山ダム攻略です!

AnB-026_DVDケース

川村光大郎さんの表紙が目印のアングリングバス最新号は好評発売中です

Bass26_Hyosi_X

【告知】ゲーリー・カレッジ9月17日(月・祝)霞ヶ浦水系にて公開ロケ!

ゲーリーインターナショナル代表の河辺裕和さんがファンの皆さんに現場で直接レクチャーする人気連載「ゲーリー・カレッジ」。今回は三連休の霞ヶ浦水系へ!(まとめ○アングリングバス編集部)

河辺さんが代表を務めるゲーリールアーの使い方のみならず、ドラグセッティングからフッキングの仕方まで、ファンに優しく丁寧にレクチャーすることで好評の「ゲーリー・カレッジー」。今回も公開ロケの日程が決まりました。

9月17日(月・祝)霞ヶ浦水系

オカッパリでもボートでも日本を代表するメジャーフィールドである霞ヶ浦水系です! これまでは管理釣り場で行うことが多かった当企画ですが、三連休で多くのバスアングラーがオカッパリを楽しんでいるであろう霞ヶ浦水系へ向かいます。

当日はカメラマン兼ライターと動画担当の本誌編集部員が河辺さんとともに釣り場を回ります。

スタートは北利根川(予定)

北利根川をスタートし、状況を見つつ霞ヶ浦本湖へ移動していく予定ですが、これはあくまで予定なので探してみてください!

過去のロケの模様はYouTubeで公開中!

これまで行った3回のロケの模様はアングリングバス公式YouTubeチャンネルにて公開しております。

こちらもチェックしてみてください!

 

第1回 フィッシュイン前橋(群馬県)

 

第2回 第二富士見池(茨城県)

 

第3回 恩方国際釣堀場(東京都)

アングリングバス最新号、好評発売中!

BAS25_Cover0816

 

付録DVDは北大祐さん

AnB-025_DVDƒP[ƒX

 

第二特集は「ベイトフィネスVSパワーフィネス」

p083_tobira

ゲーリーがキタ! 新色&復刻リリースまで新着アイテムが目白押し!

A

釣れるワームの代名詞として不動の定番ワームといっても過言ではないゲーリーヤマモトカスタムベイツのソフトベイトに秋冬限定カラーが登場する。シーズンごとにリリースされるこのオリジナリティ豊かな新色を楽しみにしているアングラーもいるのではないだろうか?(まとめ○アングリングバス編集部)

 

では、それぞれのカラーラインナップを一挙にご紹介!

 

◆4″グラブ

ジグヘッドと抜群の相性を発揮する4″グラブ。スプリットショットやノーシンカー、さらにラバージグのトレーラーと幅広く使える永遠の定番ワームだ。秋冬限定の新色でビッグな秋バスを狙ってみては?

16

⇧ブルーパール

17

⇧ダーティシャッド

18

⇧ウォーターメロン/コパーフレーク/オレンジ/レッドフレーク

19

⇧ウォーターメロンムーンダスト

20

グリーンパンプキン/ブラックフレーク/ホワイト

 

◆5”カットテールワーム

ノーシンカーでのフォーリング、ネコリグやワッキーなどフィネススタイルの定番ワーム。オフセットジグヘッドによるボトムズル引きのほか、アンダーショットリグにもうってつけ。

6

⇧ブルーパール

7

⇧ダーティシャッド

8

⇧ウォーターメロン/コパーフレーク/オレンジ/レッドフレーク

9

⇧ウォーターメロンムーンダスト

10

グリーンパンプキン/ブラックフレーク/ホワイト

 

◆4″ヤマセンコー

ただ落とすだけで釣れる…とまでいわれたヤマセンコー。事実、ノーシンカーでのフォーリングはフィールドを問わず釣れるメソッドだ。またこのワームを使ったテキサスリグによるフリップはトッププロのシークレットだった。いまだに一線級のスティックベイト、使うなら今しかない!?

1

⇧ブルーパール

2

⇧ダーティシャッド

3

⇧ウォーターメロン/コパーフレーク/オレンジ/レッドフレーク

4

⇧ウォーターメロンムーンダスト

5

⇧グリーンパンプキン/ブラックフレーク/ホワイト

 

限定復刻リリース! 4”シュリンプ

ビッグバスキラーとして実績の高い4″シュリンプが限定復刻としてリリースされる。テキサスリグとの相性がよく、カバーを貫通しやすいシェイプでありながら、アピールの強いバルキーなパーツがビッグバスに効く。このチャンスに手に入れてみては?

11

⇧ウォーターメロン/ブラックフレーク

12

⇧ブラック(ソリッド)

13

⇧グリーンパンプキン/ブラックフレーク

14

⇧ダークブラウンブルーギル

15

⇧ウォーターメロンブルーギル

 

アングリングバスVol.25は好評発売中です!

BAS25_Cover0816

付録DVDは北大祐さん!

AnB-025_DVDƒP[ƒX

アングリングバスVol.25目次

BAS25_025

【告知】ゲーリー・カレッジ公開ロケ、明日!

アングリングバス好評連載、ゲーリーヤマモト河辺裕和さんの「ゲーリー・カレッジ」公開ロケは明日8月3日(金)、東京都八王子市の恩方国際釣堀場にて行います!

 

※写真は以前の取材時のものです。

35-IMG_1765
河辺さんのレクチャーを直接受けると、オリジナルステッカーをもらえます!

39-IMG_1990

ゲーリーワームの使い方はもちろん、ドラグの設定方法、アワセの入れ方など、ベテランバスプロである河辺さんのレクチャーを直接受けることができます!

読者の皆さんと作り上げる参加型企画です。ぜひお誘い合わせのうえ、ご参加ください!

※別途、釣り場の入漁券が必要です。

 

 

アングリングバスVol.24好評発売中

Bass24_Hyosi_Fin

付録DVDではissei赤松健さんが高山ダムを攻略

AnB-024_DVDƒP[ƒX

【限定カラー】ゲーリーワーム春の新色

4月上旬と5月上旬、ゲーリーヤマモトから今年も「春季限定カラー」がリリース! あのラリー・ニクソン考案カラー「ジェネラルウォーターメロン」を含め春におすすめなベイトフィッシュカラーやサイトに適した視認性の高いカラーを5色を紹介します。(まとめ○アングリングバス編集部)

 

ジェネラルウォーターメロン

“ザ・ジェネラル”こと伝説的アングラー、ラリー・ニクソン氏が考案したカラーがジェネラルウォーターメロン。

DSC_0547
4inグラブ(表)
DSC_0543
4inグラブ(裏)

視認性の高いカラーとのツートンカラーで、通常のウォーターメロンとは一線を画す。

DSC_0532
2.5inレッグワーム(表)
DSC_0537
2.5inレッグワーム(裏)

3.5in、4in、5inカットテール、2.5inレッグワーム、4inグラブなど特に人気の高いワームに採用!

DSC_0580.jpg
5inカットテール(表)
DSC_0572.jpg
5inカットテール(裏)

【ラインナップ】ジェネラルウォーターメロン

  • 3.5inカットテール
  • 4inカットテール
  • 2.5inレッグワーム
  • 4inグラブ
  • 5inカットテール
  • 4inヤマセンコー

 

上りワカサギ

1_5inカットテール_上りワカサギDSC_0555.jpg
5inカットテール
5_4inヤマセンコー_上りワカサギDSC_0595
4inヤマセンコー

カラーは「ライトシナモンブラウン/スモールレインボーフレーク」。

【ラインナップ】上りワカサギ

  • 3.5inカットテール
  • 5inカットテール
  • 4inヤマセンコー

 

落ちワカサギ

2_5inカットテール_落ちワカサギDSC_0561.jpg
5inカットテール
6_4inヤマセンコー_落ちワカサギDSC_0601.jpg
4inヤマセンコー

カラーは「ライトシナモン/スモールブルー&ブラックフレーク」。

【ラインナップ】落ちワカサギ

  • 3.5inカットテール
  • 5inカットテール
  • 4inヤマセンコー

 

上りワカサギと落ちワカサギは産卵を境に状態が変わる春のワカサギを表現したリアル系。

 

ホワイトシャッド

3_5inカットテール_ホワイトシャッドDSC_0567
5inカットテール
7_4inヤマセンコー_ホワイトシャッドDSC_0605.jpg
4inヤマセンコー

【ラインナップ】ホワイトシャッド

  • 3.5inカットテール
  • 5inカットテール
  • 4inヤマセンコー

 

桜千歳飴

4_5inカットテール_桜千歳飴表DSC_0588
5inカットテール(表)
4_5inカットテール_桜千歳飴裏DSC_0584
5inカットテール(裏)
8_4inヤマセンコー_桜千歳飴DSC_0611.jpg
4inヤマセンコー

【ラインナップ】桜千歳飴

  • 3.5inカットテール
  • 5inカットテール
  • 4inヤマセンコー

 

ホワイトシャッドと桜千歳飴は視認性が高くサイトフィッシングに便利な2色。

 

さて、勘のいい方もそうでない方もお気づきと思いますが、これらは「春季限定」カラーです。はい、もうそろそろ夏ですね。なくなり次第終了となりますので、欲しい方はお急ぎください!(笑)

 

アングリングバスVol.24好評発売中

Bass24_Hyosi_Fin

付録DVDは人気急上昇中! issei赤松健さん!

AnB-024_DVDƒP[ƒX

【豊英湖】真冬にレッグワームだけで一日釣りをしてみた結果

早いもので今年も残すところあと1日と少し…皆さん、「釣り納め」には行きましたか?

私は豊英湖に行ってきました。数えてみると豊英湖はなんと今年11回目の釣行(笑)。

12月下旬、例年ならバス釣りには行かずメバルやタナゴを釣っている時期ですが、頻度が減ってしまうのは仕方がないにしろ、この冬からは寒くてもなるべくバスを狙って釣り場に立つことにしたのです。

とはいえ、房総ダム湖でさえも水温は10℃を確実に下回り、日に日にきびしくなっていることが予想されました。現に先日訪れた三島湖でもからくも1本キャッチしたのみ。

ちょうど先日魚探を買ったため、釣りそのものというよりも魚探を試したい。確実に釣果を上げ、釣り納めを美しく飾りたい。そんな意図もあって、釣りを絞っていくことにしました。

 

房総の冬の定番、レッグワーム

最終候補にメタルとダウンショットの2つが残り、ダウンショット、それもレッグワームのダウンショット一本勝負をすることに。

小森さんも釣ってましたね。

レッグワームは房総では冬に高い実績を誇るルアーです。メタルでももちろんよかったのですが、水温はまだ9℃程度あり、完全なリアクションを狙いにいくにはまだ早いのではないか、と自分なりに考えました。

荷物は普段に比べて超コンパクト。ルアーは写真のケースですべてでした(笑)。

 

でもさ、テンポ遅くね?

気になるのは「遅さ」。

ライトリグなので、どうしても時間はかかります。つまり効率が悪い。

豊英湖は亀山湖ほどフラットは多くないですが、すべてをていねいに細かくやっていたらあっという間に日が暮れてしまいます。冬の一日は特に短いですからね。

そこで私は基本シェイクはせずズル引きで、地形の変化した場所や木の枝などが沈んだ場所でのみ、アクションさせたり止めてみたりすることに。また、そもそも冬はあまり派手に動かさない方がいいという説もあります。

 

朝イチ、いきなりバイト数発

出遅れて出船は8時。それでも、まだ朝イチの時合いに間に合ったようで、早速何回かバイトがあります。

しかし、かなりわかりづらいバイトで獲り逃してしまいました。バイトがあったのは、本湖の8m前後のフラット。

せっかくのバイトをモノにできず、その後は沈黙。朝の時合いは終了したようです。数少ないであろうチャンスを逃したことに打ちひしがれつつも、ほかのエリアを見て回ります。しかし、バイトはなし。

 

冬の日中の時合い

正午前にもう一度、本湖のフラットに入り直すと、再度バイト。今度は慎重にタイミングを見計らってフッキング。

サイズは28cmほどでしたが、無事ネットイン。しっかり食い込ませたつもりだったのに、ネットイン直後にフックアウト。危ないかかりでした。思えばこの日は晴天で日中は12月下旬らしからぬ陽気。冷たい風が吹いてはいましたが、多少は水温も上がっていました。正午過ぎにももう1本追加。最近釣った中ではややいいサイズの36.5cm。

カラーはシナモンW/ブラックフレーク

バイトが多く、2本キャッチに至ったカラーは「シナモンW/ブラックフレーク」。

小森さんがレッグワームの黒を気に入って使っているようで(同じ日亀山で黒で釣っていた)、私も本当は黒を試したかったのですが、こういう時に限って在庫切れ。代替として、暗めのカラーをセレクトしたのですが、それがよかったのかもしれません。

他にも赤系でもバイトはありましたが、ワカサギなどナチュラル系はノーバイトでした。豊英湖もクリアアップしてきているので、ナチュラル系も効きそうな感じだったんですけどね。

真冬にレッグワームだけで一日釣りをしてみた結果「やはりレッグワームは手堅い」

結果、獲れないバイトが多かったものの、釣りが決してうまいわけでもない、魚探もたいしていいのを持っていないうえに活用法もない私でも真冬に2本のバスを釣ることができました。

レッグワーム、おそるべしですね。

ルアー、エサ問わず、個人的にバイトがない釣りはとても苦手で、そういった面から冬のバス釣りは敬遠しがちでしたが、レッグワーム一本で集中して釣りをするとちゃんと釣れました。

この年末年始休み、房総なら水温的にもまだまだいけるかも。豊英湖は4日木曜日の定休日以外は営業するそうなのでぜひ試してみてください。(アングリングバス編集部 田沢)

 

※魚探についてはまた後日。

色を変えることもできます。