「一碧湖」タグアーカイブ

【珍説】鳥居の周りは釣れる説

「鳥居の周りは釣れる」アングリングバス編集部の田沢がもつ持論のひとつだ。桧原湖、高滝湖、亀山湖、芦ノ湖、そして先日の一碧湖、テクニック面以外で「鳥居」が重要なキーワードになるメジャーフィールドは多い。今回はそんな「珍説」についての考察です。(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

 

鳥居が釣れることに気づいたのは数年前のこと。鳥居が有名ポイントになっている釣り場は枚挙にいとまがない。高滝湖や亀山湖の鳥居は有名だし、個人的には釣れた経験はないが、琵琶湖にもあるらしい。今回はそんな鳥居が釣れる理由を考えてみた。

img_8598
一碧湖の鳥居。この島の岩にハイピッチャーMAXをゴツゴツ当てて釣れた。
img_8616
こんなところにも鳥居が…。実際、高滝湖の鳥居沖はボートの人気ポイントだ。

 

鳥居、なんだか釣れる気がする

そもそも鳥居とはなんなのか。

ざっくりいうと、神様の領域と人間の領域の境界にあるもので、神様の領域への入口を意味するものなんだそうです。つまり、鳥居を隔ててこちら側が人間、あちら側が神様の領域であると。神社の入口にあるのはそのためでそれはわかりやすいんですが(桧原湖、芦ノ湖、一碧湖、琵琶湖などには神社もセットであります)、釣り場によってはただ鳥居だけドーンと立っている場合もありますよね…(高滝湖、亀山湖)。どこか離れた場所に神社もあるのか、それともほかの理由があるんでしょうか。亀山湖は裏の山に神社もありますね。そのへんに関しては釣りとはあまり関係ないので、今後、機会とその方法があれば調べてみたいと思います(笑)。

 

仮説1:目印になりやすい?

まず第一に考えたのが、目印としてのわかりやすさです。大抵の鳥居は真っ赤で目立ちます。釣れたとき、「あの鳥居の近くだったよ」といえばすぐに伝わりますよね。釣果を伝達するうえでのわかりやすさは理由としてあると思います。ポイント名にもわかりやすいものとわかりづらいものがあって、ローカルにしか伝わらないようなものも多いです。私はいまだに相模湖秋山川の有名ポイント「岡堂」がどこなのか正確にはわかりません(笑)。ですが、日本に生まれ育った人であれば「鳥居」と言われれば初心者か上級者かといった釣りのレベルやその釣り場に通い込んでいるか否かに関わらず、一発で通じるはずです。

 

仮説2:鳥居の赤が何かを引き寄せる?

人間にとっても赤は「注意!」を引き寄せる色です。救急車のサイレン、赤信号など、注意を促す際にも使われる色です。また、ルアーでも赤は人気カラーのひとつです。魚にとっても、赤は生き物の血液の色であり、あらゆるルアーフィッシングで赤系は重要カラーのひとつです。バスフィッシングではバイブレーションのカラーとして定番ですし、個人的にはいまいち釣った記憶がありませんが、ワームのカラーとしても重要なカラーであると言われています。サーモンフィッシングでも赤は必ず必要なカラーだとか。そんな赤に水中の魚や人間が引き寄せられるのではないか、というのが仮説その2です。

 

仮説3:アングラーへの心理的影響?

子どもの頃から神社や鳥居にいたずらをしてはいけないといわれて育った人も多いのではないでしょうか。立ち小便禁止などを意味する看板に鳥居の絵が描いてあったり、場合によってはミニチュアの鳥居が立っていたりします。よく見かけるので効果が大きいんでしょう。「触らぬ神にたたりなし」的に鳥居に罰当たりなことはしないようにしようという心理が働く可能性に注目しました。「鳥居が立っている場所にルアーを投げるなんて」と考える人もいるのかもしれない、と。あるいは、仮に投げても鳥居が気になって釣りがおざなりになり、しっかり攻めずに終わってしまう。すなわち、プレッシャーが低くなる?

 

仮説4:ハードボトムだから?

正直、これが最大の理由ではないかと思うのですが(笑)、ハードボトムだから。神様と人間の領域を隔てる存在の鳥居が軟弱な地盤の上に立っていたら、悪天候などですぐに倒れてしまう可能性があります。東日本大震災のとき、家屋の多くが流されてしまった土地で神社と鳥居だけが残っていた例があります。つまり鳥居を立てる場所はどこでもいいわけではないということ。地盤が硬くしっかりしている=(バスフィッシング的にいう)ハードボトム=釣れる、という図式です。

 

鳥居が釣れる理由について仮説をまじえて考察してみました。鳥居の近くだけで釣りをしてみるスピリチュアル系企画(?)なんかも面白いかもしれませんね(そうでもないか)。

 

アングリングバス最新号好評発売中

Bass26_Hyosi_X

吉田撃さんの新連載「Kick Ass GEKI」スタート!

BAS26_025

広告

【一碧湖】11月末でレンタルボート店が閉店する一碧湖に行ってきた

「伊豆の瞳」とも称される美しい天然湖、一碧湖。ヘラブナ釣りとバスフィッシングの釣り場として長年親しまれてきたが、11月末をもってレンタルボート店「百景園」が閉店する。レンタルボートの釣りとしては最後になるかもしれないとのことで、行ってきました。(まとめ○アングリングバス編集部 田沢)

 

※レンタルボート店「百景園」閉店後、一碧湖は釣り禁止となっております。2019年春よりレンタルボートは再開予定とのことですが、釣り禁止が解除されるかどうかは現段階ではわかっていません。最新の情報はわかり次第お伝えします。(2019年2月27日追記)※

 

img_8601

静岡県伊東市、伊豆半島の山中にある一碧湖(いっぺきこ)はおよそ10万年前の噴火によって出来た火口湖だ。

約10万年前の噴火でできた火口湖です。
爆発的な噴火でできた火口は「マール」と呼ばれる丸い窪地を作り出しました。
大量の細かい火山灰は、水が抜けにくい環境を作り出し湖となりました。
4000年前には、大室山の噴火によって溶岩が湖に流れ込んで十二連島ができました。
今は静かで美しい湖ですが、成り立ちは実に激しいものでした。

上記は伊東観光協会オフィシャルホームページからの引用。たしかにボトムには岩がゴロゴロしており、手漕ぎボートでも十分回れる野池的な規模感だが、れっきとした天然湖である。

 

周囲約4kmほどの天然湖

千葉県の雄蛇ヶ池を少し小さくしたくらいの大きさ。すり鉢状の地形でおおむね岸際が浅く、中央部ではおそらく4mくらいは水深がありそう。ただし、魚探をかけたことはないので正確なところはわからない。

img_8572

桟橋沖、鳥居、十二連島、マンション下、学校下、美術館下…など、ほぼ全域が有名ポイント。湖の中央部にはヘラブナ釣り用にボートを係留するための杭が何本か立っている。

 

手漕ぎボートとオカッパリのみ

エレキは使用禁止。

img_8565

ボートはよくあるローボートタイプ。釣りしている最中も風が吹いてボートが振られると思わずエレキを踏みたくなってしまった。

オールとアンカーを上手く使って釣りをしなければならないため、一日釣りをすると上半身が筋肉痛だ。

過去、ロッドアンドリールで下野正希さん、釣りビジョンでは田辺哲男さんが訪れている。しかし、最近ではメディア露出からは遠ざかっていた。

 

日本で初めてブルーギルが放流された

魚類分類学者でもある今上天皇が皇太子時代、ブルーギルを日本で初めて移植した湖のひとつとされるのはこの一碧湖。外来魚問題については批判的な意見があるが、同じく食用としてバスをはじめ様々な魚が日本に移入されていたことを考えると、当時の時代背景としては食料不足を解消するアイデアのひとつとして主流の考え方だったのだろう。

 

別名「いっぴきこ」!?

img_8612

そんなブルーギルやオイカワなど、小魚は豊富で、釣行時も水面のもじりや水中を泳ぐ群れを見かけた。特に午後になると11月だというのにボイルも発生。当然、釣れるバスのコンディションは良好。しかし、数はそれほど多くない。

そんなことから「いっぴきこ」なる不名誉な別名もあるとかないとか…。

たしかに個人的な過去の釣行を振り返っても、完全にノーフィッシュだったことはないが、釣れても1匹。だけど、コンディションがいいから年に1回か2年に1回くらいは訪れていた釣り場だった。

 

朝はシャローで巻きモノ

スピナーベイトとシャッドをメインに鳥居〜島周り、マンション下などで巻く。まったく反応なし。

水を触ってみると、それほど冷たくない。温暖な伊豆半島。多分、15℃以上はあっただろう。しかし、喰って来ない。

img_8578
タックルはフルセットに近い6セット。ベイト4セット+スピニング2セット。

 

アンカー下ろしてディープ攻め

img_8574

アンカーを下ろします。ヘラブナ釣りの杭から鳥居にかけてなだらかに浅くなっていくので、深い方から浅い方までじっくりメタルバイブをシャクったり、レッグワームのダウンショットをシェイクしたり止めたり。約1時間ほど集中。しかし、まったくアタリがありません。

 

鳥居島にハイピッチャーMAXで1本

鳥居がある島にいい感じで風が当たっていたので、ハイピッチャーMAX5/8ozをキャストし、ゴツゴツと岩に当てながら巻いてみる。これが大正解で数投目にひったくるようなバイト。

しかし、感触としてはそんなに大きくないはずなのになかなか寄ってこない。おかしい。なんとカルカッタコンクエストのドラグを締め忘れていた。テンションをかけながら慎重にドラグを締め、寄せてきて無事ネットイン。

img_8583

ランディングした瞬間、フックアウトなどはよくありますが、この1本はそもそもほとんどフッキングしていませんでした。あぶない…。

「釣った」魚というより、完全に「釣れた」魚です。ジャンプ一発でもやられていたらフックアウトしていたことでしょう。

img_8589
ルアーはO.S.P/ハイピッチャーMAX 5/8oz。ダブルウィロー。カラーはテイスティシャッド。このカラー、すごく好きで雄蛇ヶ池で昔めちゃくちゃ釣りました。
img_8587
ライジャケ忘れてオレンジライジャケでした。でも、この時期は暖かくてむしろいいかも。

サイズはジャスト40cm、ウエイトは1kg。一碧湖らしいコンディションのいい1本でした。

11月だけど、暖かいし、寒波もまだ来ていない。もしかしてまだまだシャローなのか? とそれ以降はハイピッチャーMAXに加えて、クランクも深めからシャローランナー&ミッドランナーに切り換えてみましたが、その後は完全に沈黙。

このバスが一碧湖レンタルボートの最後の1本になってしまいました。

 

百景園さん、長い間お世話になりました

img_8609
2018年11月末日をもって閉店。

長年営業されていた百景園。今月で最後ということもあってか、平日にも関わらずバス釣りが3〜4艇、ヘラブナ釣りが5艇ほど。観光客の方も訪れていました。今後、復活の可能性があるのかどうかはわかりませんが、ひとまずお別れです。

最後になってほしくはないですが、釣果ノートにも爪痕を残してきました。

 

アングリングバス最新号は川村光大郎さんの表紙で発売中!

Bass26_Hyosi_X

付録DVDは水野浩聡さん

AnB-026_DVDケース

大きな進化を遂げた魚探についてもいち早く取り上げています

ab26_p83_2toku_tobira

一碧湖はじめ、芦ノ湖、富士五湖、関東のリザーバー、霞ヶ浦、利根川、八郎潟、野尻湖、桧原湖など東日本の釣り場のことなら!

BFG_Est_Cover_Re